洋画「リチャード・ジュエル」


最新作の「リチャード・ジュエル」は、米国で実際にあった事件をドラマ化した。

 

1996年のアトランタ オリンピックで爆発物を発見した「リチャード・ジュエル」がFBIやメディアから容疑者扱いされた実在する警備員「リチャード・ジュエル」を描いている。

 

監督はクリント・イーストウッド。
日本では、2020年1月17日公開

「リチャード・ジュエル」あらすじ

 

1996年7月27日、警備員の「リチャード・ジュエル」はアトランタ オリンピック会場近くの公園で爆発物を発見。
おかげで多くの人たちが爆発前に避難することができた。それでも避難の最中に爆発!2人の死者と100人以上の負傷者が出る大惨事となった。

 

マスコミは爆発物の第一発見者である「リチャード・ジュエル」を英雄扱いした。
しかし後日、地元紙が報じた「リチャード・ジュエル」が爆弾を仕掛けた可能性を疑っている」と。

 

その記事がきっかけとなり、マスコミは「リチャード・ジュエル」を極悪犯として糾弾するようになってしまう。
さらにFBIは「リチャード・ジュエル」の知人たちにも執拗な聞き込みをするなど常識を逸した捜査を行い2回も家宅捜索に入るなど異常な捜査を行った。

 

「リチャード・ジュエル」は、かつて職場で知り合った弁護士ワトソン・ブライアントに依頼し、彼と共にこの理不尽な状況に立ち向かつて行く!

 

「リチャード・ジュエル」キャスト

 

配役 俳優名 吹き替え
リチャード・ジュエル 警備員 ポール・ウォルター・ハウザー かぬか光明
ワトソン・ブライアント 弁護士 サム・ロックウェル 家中宏
バーバラ・ボビ・ジュエル リチャードの母親 キャシー・ベイツ 小宮和枝
トム・ショウ FBI捜査官 ジョン・ハム 山野井仁
キャシー・スクラッグス 新聞記者 オリヴィア・ワイルド 庄司宇芽香
ダン・ベネット FBI捜査官。 イアン・ゴメス
リチャード・ラックレフ ポリグラフの検査官 ウェイン・デュヴァル
ナディア・ライト ワトソンの事務所の事務員 ニーナ・アリアンダ
ブルース・ヒューズ FBI特別捜査官 ディラン・カスマン
エリック・ルドルフ 爆弾犯 エリック・メンデンホール

 

監督 − クリント・イーストウッド
脚本 − ビリー・レイ
原作 − マリー・ブレナー
(英語版)
  American Nightmare: The Ballad of Richard Jewell』

 

配給 − ワーナー・ブラザース

 

公開 − 2019年11月20日
2019年12月13日
2020年1月17日 日本
上映時間 − 131分

 

「リチャード・ジュエル」を観るなら!
U-NEXT公式サイト
TSUTAYA DISCAS&TSUTAYA TV公式サイト
動画配信サービス32社比較表!料金、動画数、ジャンル別おススメ